グッドハウスのこだわり

  • TOP
  • グッドハウスのこだわり

高断熱工法で冷暖房費が1/3に!

高断熱工法で冷暖房費が1/3に!

日本の気候は四季が有り、冬の寒さや夏の高温多湿と非常に厳しい環境です。
日本家屋はこの環境に対応しなくては、良い住宅とは言えないでしょう。
昔からの田の字で構成された建物は,この環境に非常に適しているのではないでしょうか。
深い軒先、建具を開け放せば風が通り抜ける、理にかなっています。
また、土壁が壁内の湿度を抑え、建物の寿命に役立っています。
ただ、土壁は断熱効果が低いのが欠点です。
当社は、田の字の家の考え方を尊重し、土壁の調湿効果を活かす家を造っています。
特殊な高断熱材を使用する事で、土壁の効果を活かし、欠点を補っています。
高断熱材を採用する事で、冷暖房に関わる費用が一般住宅の1/3と非常に省エネです!

冬は、ファンヒーター1台で家を丸ごと暖めます。

大きい窓で明るい内部空間

大きい窓で明るい内部空間

田の字の家の様に、たくさんの風を取り入れ、湿気を逃がす為にを大きな窓を使用し、外光を取り入れる工夫をしています。
特にプラン時には、吹き抜けを設けるようにしています。
吹抜けは、一階と二階の空間を繋ぎ、湿度や温度管理に大きな効果が有ります。
また、吹抜けには大きなサッシを設けます。
一階から空を望める大きなサッシは光や風がいっぱい入ってきます。
吹き抜けを設ける事で解放的な広々とした、気持ちの良い空間になります。
また、将来部屋数が必要に成った時は空間を仕切り部屋として使用できます。

こういった設計だと「見た目は良いけど、室温管理が難しい」という意見が多かったのですが、断熱性能の高い家だからこそできる「省エネで明るい家」をお任せください!

風や日の向きを踏まえた設計

風や日の向きを踏まえた設計

現地調査の際、日の方向や風の向きも考慮します。特に夏の風は南から北に向かって吹きます。
南面に大きなサッシを設け、北側には必ず、風の抜ける窓を設けます。
風の入口は周囲の環境により方向が変わります。
立地条件に合わせた方角に風の入口を設ける事が大変重要と成ります。
周囲の並びに合わせるのではなく、太陽や風の向きを検討する事で、より過ごしやすい生活環境が創られます。

木柵でプライバシーを確保し、ウッドデッキが外と室内をつなぎ、自然を感じるゆとりが生活にもたらされます。

経年美を積み重ねるデザイン

経年美を積み重ねるデザイン

経年美を積み重ねるデザインをご提案します。

私達は年齢を重ねるうちに、生活習慣や物に対する価値感が変わっていきます。
何年経っても「いい家だな」と思える家は、過度な設備や装飾を拒みます。
特に外観は室内を想像させます。 周囲の方が、室内を見たいと思わせる様なこだわりを意識しています。

長年たっても飽きない、だんだん風格が出てくる、そんな家のデザインを心掛けています。

CONTACT
お問い合わせ

ご質問・ご相談はお気軽に
お問い合わせください。

Tel.0790-66-2930

受付時間:9:00~18:00 / 定休日:火曜日
メールでのお問い合わせは
24時間受け付けております。